Project:Submissions/atlantiza

From Key 15th Anniversary Letter Project Wiki
Jump to: navigation, search
Submission by atlantiza
Name atlantiza
Date 2013/01/09
Location Massachusetts, United States
Submission Type Yes Letter
Status Yes Reviewed
Content (English)
July 2007. I had only a little interest in anime at that time. I hadn't seen many series. Even so, I wanted to see Air. I don't remember the reason anymore. Maybe there wasn't really a reason in the first place. I quickly watched episodes 1 through 10, probably in just two days. I thought "This series is really good, but it's almost over..." I didn't want to let it end. A week later, I watched episodes 11 through 13. For the first time, an anime made me cry. It was so sad that it was beautiful. The summer of 2008, I watched all of Air in just one day. I cried even more than I did in 2007. Even now (in 2003), when I hear "Tori no Uta", I feel like crying. A happy ending isn't always the best ending. Happy endings usually don't have the power to move people. Sometimes they're even boring and not thought out. Air was so amazing that it helped me love anime. To everyone who worked on Air, thank you so much for creating such a moving story.
Content (日本語)
2007年7月。あの時に少しだけアニメを気になっていました。シリーズをまだあまり観ませんでした。それでも「Air」を観たかったです。理由は…もう覚えていません。最小から理由がなかった可能性もあります。どんどん第1話から第10話を観ました。多分2日だけで観ました。「あぁ、このシリーズが上手いですが、もうすぐ終わりますね…」と思いました。終わらせたくなかったです。一週間後、第11話から第13まで観ました。アニメのせいで泣くのは初めてでした。悲しかったほど美しかったです。2008年の夏、「Air」のすべてを1日だけで観ました。2007年よりも、もっと涙を溢れていました。今(2013年)までも「鳥の詩」を聞く時、なんとなく泣きたい気がします。最高なエンドはいつもハッピーエンドではありません。普通にハッピーエンドは感動する力がありません。時々地味や考えない事です。「Air」は素晴らしいほどアニメを大好きになりました。「Air」のスターフの皆さん、こんなに感動する物語を作って、心の奥からありがとうございます。