Project:Submissions/Yirba

From Key 15th Anniversary Letter Project Wiki
Jump to: navigation, search
Submission by Yirba
Name Yirba
Date 2013/03/31
Location England, United Kingdom
Submission Type Yes Letter
Status Yes Reviewed Yes Translated
Translator Cloud668
Content (English)

Dear Key,

My name is Leon and I live in England. Having been a big fan of visual novels since 2010, I had long wanted to experience a Key story. Indeed, I had many friends from around the world who had either read the visual novels or watched the anime, and had told me how wonderful these tales were.

And so I was delighted when in May 2012, the first volume of the Clannad anime was released on DVD in the United Kingdom. I quickly snapped it up, and soon enough was sucked into the wonderful world of Nagisa and Tomoya. I came to love the characters; laughing when they did, weeping when they did. Clannad was one amazing journey for me.

Soon afterwards, the Angel Beats! anime was released here. I did not know what to expect, but left with a whole web of emotions. Despite the unrealistic setting, I was able to relate to the cast of wacky characters and found the experience to be both wonderful and exciting. I absolutely loved the soundtrack, too.

I had enjoyed your stories so much, and was wondering when I'd be able to read a Key visual novel. In January 2013, a friend told me that Planetarian was now available in English. I immediately purchased and downloaded the app. Over the course of the next couple of weeks, I'd read a bit of the story each day. I'd look forward to joining Yumemi and the Junk Hunter each time, and found it a beautiful look at the place robots have in society.

Congratulations on your 15th anniversary. I wish Key all the best, and look forward to enjoying more of your tales in the future.

Best regards,

Leon.
Content (日本語)

拝啓 Key

私の名前はLeonで、イギリスで住んでいます。2010年からビジュアルノベル系ゲームのファンであって、ずっとKeyのストーリーを体験したかった。Keyのアニメやゲームをやった世界中の多くの友達は、私にその物語の素晴らしさを教えました。

だから、2012年5月の頃、イギリスでクラナドのアニメ版DVD第一巻がリリースした時、嬉しかった。早速買ってから、すぐ渚と朋也の素晴らしき世界に吸い込まれました。私はそのキャラクターたちを好きになった。彼女たちが笑う時や泣く時、私もそうしました。クラナドは私にとって、本当に素敵な旅でした。

その後すぐ、Angel Beats!のアニメ版はここでリリースされました。見る前に何を期待すべきか分からなかったけど、観た後、とっても感情的になりました。Angel Beats!は非現実的な設定があったけど、風変わりなキャラクターの気持ちを思い遣って、このアニメを見るのはとっても素晴らしくて興奮的だと思いました。サウンドトラックも大好きです。

Keyのビジュアルノベルをいつ読めるか思うほどあなた方の物語が好きです。2013年1月、友達からplanetarianの英語版がリリースしたのを聞きました。私は早速そのアプリを買ってダウンロードしました。その次の数週間、毎日少しずつ、その物語を読みました。毎回毎回、ゆめみと屑屋と会うのを楽しみにしました。ロボットが社会での居場所というの見解は興味深いだっと、私は思います。

15周年をおめでとうございます。私はKeyに幸運を祈ります。あなた方のこれからの作品を楽しみにしています。

敬具

Leon